トップ > 熱力学 > ボイルの法則

ボイルの法則


ボイル(Robert Boyle)は1662年に空気の体積と圧力を同時に測定し、 圧力と体積が違いに反比例の関係にあり、その積(p×V)は常に一定であることを発見した。 その後、空気以外の気体でも同じことが成り立つことから、気体は常に \begin{eqnarray} pV = 一定 \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ (1) \end{eqnarray} の関係があることがわかった。 図にしてみると図1のようになる。

fig1-1-1.png

図1. 圧力と体積の関係

また、pVが常に一定ということは、ある時間の圧力と体積を\( p_1,\ V_1 \)、またある時の圧力と体積を\( p_2,\ V_2 \)とすると、 \begin{eqnarray} p_1 V_1 = p_2 V_2 \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ \ (2) \end{eqnarray} が成り立つということである。

広告