トップ > 数学A > 円の弧と弦

 円の弧と弦


円の中心角と弧に対して図1に示す、以下の定理が成り立つ。
    1つの円、または半径が等しい円において、
  1. 等しい中心角に対する弧の長さは等しい。
  2. 等しい長さの弧に対する中心角は等しい。

fig6-1-1.png

図1.



円の弧と弦に対して図2に示す、以下の定理が成り立つ。
    1つの円、または半径が等しい円において、
    長さの等しい弧(図2赤の線)に対する、弦(図2赤の青)の長さは等しい。

fig6-1-2.png

図2.



円の中心と弦に対して図3に示す、以下の定理が成り立つ。
    円の直径でない弦をABとする(図3の青)。
  1. 中心Oと弦ABの中点を結ぶ直線は、ABに垂直である。
  2. 中心Oから弦ABに下ろした垂線は、弦ABを2等分する。
  3. 弦ABを2等分線は中心を通る。

fig6-1-3.png

図3.



広告