トップ > 数学A > 試行と事象

 試行と事象


 1個のさいころを投げると出る目は、
1, 2, 3, 4, 5, 6

となる。このうちどれになるのかは、全くわからず、偶然によって決まるのである。 さいころを何度も何度も繰り返し投げれば、1の目はいつかは出るだろう。 このように同じ条件のもとで、偶然によって決まる実験、観測、試験のことを試行と呼ぶ。 さらにそれによって起こる結果のことを事象と言う。 さいころのを振る例に例えると、さいころを振ることが試行で、 「1の目が出る」ことは事象である。
 ある試行をした時に、起こりうるすべての場合全体の集合を\( U \)とする。 こうすると、この試行によって起こるいかなる事象も、\( U \)の部分集合となる。 特に、この全体集合\( U\)のことを全事象と呼ぶ。 この時、ある試行において決して起こらない事象のことを空事象と呼び、\( \varnothing \)で表される。 さらに、全事象\( U\)の部分集合で1個の要素からなる事象を根元事象と呼ぶ。 さいころを例に例えると、{1}, {2}, {3}, {4}, {5}, {6}は根元事象である。

広告